HOME » 鳥栖で注文住宅を建てるなら知っておきたい知識 » 心地よい注文住宅の間取りのポイント4つ!失敗例も紹介【鳥栖】

心地よい注文住宅の間取りのポイント4つ!失敗例も紹介【鳥栖】

土地価格が低いため間取りが取りやすい

鳥栖市は、他の市町村に比べても土地の価格が低いため、注文住宅を建てる際に、ある程度の面積のある土地を購入しやすくなっています。

広い家を建てる場合には、「間取りをどうするか」がポイントとなるため、失敗のない住居を建てるためによく検討する必要があります。

 

不慣れな事による間取りの見損じを防ぐ

大抵の人は、注文住宅を建てることが人生に一度きりの事となります。そのため、設計図や間取りを見てもなかなかイメージしにくく、実際に完成した時に思っていたのと違うと後悔してしまう人もいます。家の間取りに関する選択を誤ると、一から作った住宅でも納得のいく仕上がりになりません

間取りの見方を十分に理解したうえで、広さなども考慮した配置を考えなければなりません。

間取りの失敗例

面積の配分が極端

間取りに関して最もよくある失敗例は、各部屋の面積の配分です。例えば、リビングばかりを異様に広くしてしまって客間が狭くなったり、必要な収納スペースが極端に少なかったり、メインとなる部分にばかり重きを置くと失敗したと感じやすくなってしまいます。

生活しにくい動線

モダンデザインやお洒落な空間にこだわるあまり「住居が生活スペースである」という考えが抜け落ちてしまう場合もあります。例えば、トイレの配置を誤ると、各部屋から移動するときにドアをいくつもくぐらなければならず不便になるなど、生活環境としては良くない間取りとなってしまいます。

デザイン性よりも使いやすく、不快にならない配置にする事が重要です。

間取りで大切な4つのポイント

1. 家族の人数や来客状況から面積の配分を考える

大家族である場合、できる限りリビングは広くしておく必要があります。家族が集まるスペースが狭くなってしまうと食事のときなどにも困ります。また、来客が多いようであればリビングの他にも客間の広さを考慮しなければなりません。家全体の利用面積は変えられないので、配置や配分で工夫をする必要があります。

2. 風通しを良くする

現代の間取りでは、複雑な構造を取り入れて、お洒落な空間を演出している住宅も多いです。しかし、見栄えにばかり注意を向けてしまうと夏は湿度が高く熱い家に、冬は暖房が効かずに寒い家になってしまうこともあり、快適な室温や湿度を保てなくなる恐れがあります。

間取りを考える時には各部屋の窓の配置にも気を配り、夏は涼しく冬は暖かい環境を実現できるようにしましょう

3. 設置家具を見越しておく

間取りには、通常、必要な家具は書き込まれていません。部屋の大きさや配置の良し悪しを予めイメージしておくためにも「どこ」に「どの程度の大きさの家具を置く」かを記載しておくと便利です。最初から視野を広げておけば、完成後に家具を置いてみたらとても窮屈になってしまったという事態を防げます。

4. 将来の家族を考える

注文住宅を建てようと考える年代と言えば、働き盛りの頃に当たる人がほとんどでしょう。しかし、住宅とは10年20年先の将来に渡って住み続ける家です。家を建てる時の状況だけを踏まえて間取りを考えてしまうと、後々、部屋数が足りなくなったり狭くなったりするなどの支障が出てきかねません

そのため、子供が大きくなった時の事を考えたり、二人目や三人目の出産を想定したりするなど、将来的な可能性を考慮しておけば後から悩む必要もなくなります。